Rhys Marsh

Review: Izo-Dreams (Japanese & English)

22nd September 2007

秋のゴースト

ノルウェーのアーティスト
Rhys Marsh(リース・マーシュ)率いる多国籍オーケストラ
Rhys Marsh And The Autumn Ghost。

ノルウェー、デンマーク、スウェーデンだけでなく
イギリス、アメリカ、日本からもアーティストが参加した
スタジオ・プロジェクトのようだ。

まだ、レーベルとは契約していないが
これから、インディ・ミュージックの世界で
大いに注目を集めるであろう
豊かな才能と可能性を感じさせる
素晴らしいアーティスト。

私はmyspaceで試聴して魅了され
さっそく、デビュー・デジタル・シングルを購入。
「I Will Find A Way To Reach You」と
「Spoken」の2曲がカップリングされている。

「I Will Find A Way To Reach You」は
物悲しいホーンに導かれた
女性ヴォーカルとのナイーブなデュエットによる
バラード。
「Spoken」は8分にも及ぶトラックで
エレガントなオーケストレーションと
彼の低音でヴィブラートするバリトンヴォーカルと
女性コーラスが絶妙に絡む
憂鬱でロマンチックなバラード。

どちらの曲もとても美しく
繊細かつ崇高なオーケストラに包まれる
至福のサウンドに心を揺さぶられる。

感情を抑えつつ、
徐々に解放していくようなサウンド展開と
彼のヴォーカリストとしての魅力が
混然と溶けあう。

myspaceではこの2曲に加え、3曲が聴けるが
シングル曲はフル試聴できないので
少しフラストレーションがたまる。
彼が主宰しているらしい
「mandala」なるサイトでは
シンプルなヴァージョン数曲が
フル試聴できるので
そちらがおすすめ。

また
rhys marsh and the duetsというmyspaceページでは
Jess BryantとMia Silvasという女性アーティストとの
デュエットをやっていて、
こちらもすごく魅力的だ。

とにかく多くの楽曲を作っていて
いずれも洗練され
クォリティが高い。

ユニット・メンバーに
ビヨーク、デビッド・シルビアン、ハロルドバッド、
竹村延和、シュテファン・マチューらとの仕事で知られる
アキラ・ラブレーが加わっているのも
注目に値する。

ともあれ
どこのレーベルとなっても
フル・アルバム・デビューが
楽しみだ。

This is multi-national orchestra called Rhys Marsh And The Autumn Ghost, which is organized by Rhys Marsh, who is an artist in Norway. It seems the artists participate from not only Norway and Sweden, but also Britain, the United States and Japan.

Though he doesn’t have a contract with a label yet, he is a wonderful artist who has a rich talent and possibility. He will grab a lot of attention in the world of indie music in the future.

I listened to his sample audio on Myspace and was enchanted. Immediately, I bought the debut digital single. Two songs ‘I Will Find A Way To Reach You’ and ‘Spoken’.

‘I Will Find A Way To Reach You’ is a sensitive ballad duet with female vocal led to a melancholic horn. ‘Spoken’ is a tune that lasts as much as eight minutes. It is a melancholic and romantic ballad, with an elegant orchestration and twining of baritone vocal, which is vibed by his low-tone voice and female chorus.

Both tunes are very beautiful. The mind is shaken by the sound of the bliss encompassed by a delicate, sublime orchestra. Tempering back, the sound development gradually liberated and the charm as the vocalists melt into each other.

It is remarkable that Akira Rabelais, who is known on works with Bjork, David Sylvian, Harold Budd, Nobukazu Takemura, and Stephan Mathieu is joining in this unit.

Anyway, even if he contract with any label, I can’t wait the ‘full album debut’.

« Back to News